読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画、書評、ジャズなど

「捜索者」★★★

 

捜索者 [DVD]

捜索者 [DVD]

 

ジョン・フォード監督による1956年制作の西部劇です。 

南北戦争が終わったばかりの西部で、従軍していたイーサン(ジョン・ウェイン)が兄のもとに帰ってきた。そこに、地域の保安官らがやってきて、原住民のコマンチ族に牛が盗まれたという。イーサンも一緒にコマンチ族を追うのだが、それはコマンチ族の罠だった。兄の自宅に戻ると、コマンチ族に襲撃されており、兄夫婦は殺害され、姪っ子のルーシーとデビーが誘拐されていた。

兄夫婦のもとには、原住民と白人の混血のマーティンがいたが、イーサンはマーティンを伴って、コマンチ族のもとへ姪っ子たちを取り返しに向かう。

ルーシーは途中で遺体となって発見されたため、一行はデビーを探しに向かう。2人はようやくコマンチ族のテントでデビーを発見するが、デビーはもはやコマンチ族の一員となっていた。そして、準備を整えてコマンチ族を襲撃し、デビーを無事救出したのだった。。。


The Searchers (1956) Official Trailer - John Wayne ...

西部の荒野を描いた映像はとても美しく、雄大なアメリカ大陸をうまくフィルムに収めています。

しかし、個人的には、インディアン=悪、開拓者=善、という単純な構図で描かれている西部劇というのは、どうもしっくりこないことも事実です。

本作品でも、コマンチ族は善良な開拓者を一方的に襲って幼い少女をさらっている悪として描かれているわけですが、アメリカの歴史を見れば、そんな単純な構図でないことは明らかなわけです。

かつてアカデミー賞作品賞を受賞した『ハートロッカー』を見たとき、イラク戦争を一方的にアメリカの視点のみで描いていることに嫌悪感を抱いたのに近い感覚かもしれません。 

やはり西部劇というのは、アメリカ建国の歴史を疑いなく受け入れられるアメリカ国民のためにあるジャンルなのだということを、改めて感じさせられました。