読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画、書評、ジャズなど

「間違えられた男」★★★☆

 

間違えられた男 特別版 [DVD]

間違えられた男 特別版 [DVD]

 

 ヒッチコック監督の1956年の作品です。容姿がそっくりなばっかりに強盗犯に間違われるという、現実にもありそうな話です。

 

ジャズクラブでベーシストとして働くマニー(ヘンリー・フォンダ)は、妻ローズと息子2人とともにつつましくも幸せな生活を送っていた。

あるとき、妻のローズの歯痛を治療費を借りるため、マニーは保険会社に足を運んだ。すると、保険会社の社員たちは、先日の強盗事件の犯人はマニーで間違いないと確信し、マニーは警察に逮捕される。

保釈金によってすぐに釈放されるが、無実を証明する戦いが始まる。ローズも気丈に対応していたが、やがて精神的に病んでしまい、離れた場所で療養することになる。

裁判は有利ではなかったが、そんな中、真犯人が捕まったことで、マニーの無罪が確定する。

晴れて無罪となったものの、妻ローズの病気が治癒するには時間がかかった。しかし、1年後には家族はもとに戻り、以降幸せな生活を送ったのだった。。。


The Wrong Man - Original Trailer - YouTube

平穏な生活を送っていた者が突然奈落の底に突き落とされるようなシチュエーションは、誰にでも起こりうる話で、恐ろしいことです。そんなモチーフを取り上げているのは、いかにもヒッチコックらしいのですが、ただ、せっかくのモチーフが生かされているかといえば、十分ではなかったようにも思います。端々にヒッチコックらしいカメラワークが用いられているのですが、他の作品で見られるような、恐怖がじわじわと間近に迫ってくるような緊迫感がなかったのが残念でした。