読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画、書評、ジャズなど

「花嫁の父」★★★★☆

花嫁の父 [DVD] FRT-016

花嫁の父 [DVD] FRT-016

 娘の結婚が決まった後の父親の苦悩をドキュメンタリー・タッチで描いたコメディ映画です。ヴィンセント・ミネリ監督のセンスと父親役を演じるスペンサー・トレイシーの好演が光る作品です。

 弁護士のスタンリー・バンクス(スペンサー・トレイシー)の娘ケイ(エリザベス・テイラー)は、家族との夕食の際に、結婚したいボーイフレンドがいる旨を打ち明け、スタンリーは冷静さを失ってしまう。スタンリーは娘の相手のバクリー・ダンストンと会うが、その素性を知るまでなかなか娘の結婚相手として認める気になれなかった。しかし、妻と共にバクリーの両親と会い、相手の家柄の良さを確認して安心した。

 問題は結婚式と披露宴の開催。スタンリーは極力控えめな式を望んだが、妻と娘は次々と華やかな段取りを進めていってしまう。スタンリーはついに娘に対して、思わず「駆け落ち」を勧めてしまう始末。

 式も近づいたある日、ケイは泣きながらバクリーと結婚しないと言い出す。その原因を聞いてみると、新婚旅行の行き先を巡る些細な喧嘩だと分かり、2人はすぐに仲直りしてホッとする場面も。

 狭い自宅での披露宴に誰を呼び、どうやって人を収容するかなど課題は山積し、スタンリーは式当日のことが夢に出て来てうなされる夜を過ごすが、どうにか当日までたどり着く。式が無事終わり、自宅での披露宴もてんやわんやになりながらも終了。ケイとバクリーはスタンリーと挨拶を交わす時間もないまま新婚旅行に出かけてしまう。。。

 ヴィンセント・ミネリ監督とエリザベス・テイラーとの組み合わせの作品といえば、『いそしぎ』を見たことがありますが、その独特な哀愁的な雰囲気と結末とは打って変わって、本作品は心の底から楽しめ笑える作品です。

 こういう作品は無条件にいいですね。大変よくできた楽しめる作品でした。