読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画、書評、ジャズなど

ELIANE ELIAS@BLUE NOTE TOKYO

http://www.elianeelias.com/
 BLUE NOTE TOKYOイリアーヌ・イリアスのライブを聴いてきました。最近、ビル・エバンスへのトリビュート・アルバム『サムシング・フォー・ビル・エヴァンス』が大きな評判となっているピアニスト&ヴォーカリストです。

Something for You

Something for You

 イリアーヌは、ブラジルのサンパウロ生まれ、祖父母がオペラ歌手、母親がクラシック・ピアニストということですから、音楽家の血筋を引いているサラブレッドです。長い金色の髪をなびかせながら演奏する姿は、ゴージャス観が漂っていました。

 ライブでは、やはり『サムシング・フォー・ビル・エヴァンス』からの選曲が多く演奏されていましたが、個人的には、イリアーヌは、ヴォーカル付きの曲の方が輝いていたように思います。ヴォーカルがない曲では、イリアーヌのピアノ演奏がどうしても力んでしまっているのに対して、ヴォーカル曲のピアノ演奏では、ピアノのタッチがソフトで、深みのあるものになっていたように感じました。

 かつてビル・エバンスが演奏した数々の名曲やボサノバの曲など、素晴らしい演奏が数多くありましたが、特に素晴らしかったのは、やはりビル・エバンスの名曲「Waltz For Debby」でした。イリアーヌの優しいヴォーカルとピアノがもっともフィットする曲で、大変冴えた演奏となっていました。

 さて、今回のバンドのメンバーで注目されるのは、何と言ってもベースのマーク・ジョンソンです。マーク・ジョンソンは、ビル・エバンスと組んだ4番目のレギュラー・ベーシストです。ベースのソロは圧巻で、ずば抜けた安定感がありました。ステージ上での存在感も圧倒的で、今回来日したトリオの実質的なリーダーだったのではないかと見受けられました。

 それにしても、BLUE NOTE TOKYOの漂わす高級感溢れる雰囲気は、感服させられます。こういう一級の場所でジャズ・ライブが堪能できることは、大変有り難いことです。

 日常生活では味わえないゴージャスな雰囲気を堪能した夜でした。