読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画、書評、ジャズなど

山下洋輔ソロ@第一生命ホール

 

https://secure01.red.shared-server.net/www.jamrice.co.jp/yosuke/schedule/tix2017solo/img/flyer_b.jpg

 

昨日は山下洋輔氏のソロコンサートを鑑賞してきました。毎年この時期にこのホールで開催されてきているようですが、客席はほぼ満席で、往年のファンが集まっているような印象です。

 

冒頭は、4月らしい曲ということで♪I Remember Aprilから始まり、♪やわらぎ、童謡をアレンジした♪さくら、♪早春賦と続きます。


早春賦(NHK東京放送児童合唱団)

後半では♪砂山、♪Brick Block、その後、赤塚不二夫氏が大好きだったというチャップリンの映画から、♪Eternally、♪Titinaが演奏されます。


Charlie Chaplin - Eternally (From ''Limelight'') (1952)


Charlie Chaplin - Titina (Modern Times,1936)

そして、最後の曲はやはり♪Boleroです。山下氏のボレロの演奏を最初に聞いたとき、その想像力溢れる斬新な解釈に衝撃を受けたことを覚えています。


山下洋輔氏母校でボレロ

 

今回のコンサートでは、童謡が比較的多く取り上げられてきましたが、いずれ童謡のアルバムを出す予定があるのだそうです。ジャズミュージシャンたちは多様なジャンルの楽曲を取り上げてスタンダードにしてきたわけですが、日本の童謡の中にも、ジャズ・スタンダードとして定着する可能性がある曲もあるような気がします。

 

これまで山下氏の生演奏は何度かで聴いたことがありましたが、今回改めてその演奏の素晴らしさを実感しました。山下氏といえば、どちらかといえば、フリージャズ的な印象が強烈ですが、演奏の繊細さに改めて気づきました。これだけの豪胆さと繊細さを併せ持つピアニストは、山下氏以外には見当たりません。

 

正に日本のトップピアニストとしての風格が漂う、大満足のコンサートでした。