読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画、書評、ジャズなど

「逢びき」★★★★☆

映画

逢びき [DVD]

逢びき [DVD]

 デヴィッド・リーン監督の1945年の作品です。要はひとときのW不倫映画ですが、さすが作品の構成が秀逸です。

 作品は、中年の男女が駅の待合室でお茶しているところに、一人の女性が割り込んでくるシーンで始まります。男は近々アフリカに赴任する医師であることは分かりますが、このシーンの意味は映画のラストになってはっきりします。

 2人の子供の母親であるローラは、毎週木曜日に買い出しなどの目的でミルフォードという町に列車で出かけていたが、目に入ったゴミを取ってもらったことで、妻子持ちの医師アレックと出会うことに。やがて2人の仲は深まっていき、互いに惹かれ合う関係となり、毎週木曜日にミルフォードで逢瀬を重ねる。

 ローラは不倫関係に心を痛めていた。そんなときアレックはアフリカへの赴任が決まる。ちょうど最後の別れの場面が、作品冒頭のシーンだった。別れを惜しんでいるときに、中年女性のドリーが割り込んできて、ぶち壊しにされてしまったのだった。

 こうした一連の経緯を、ローラは夫の前で回想していた。そんな様子を見て、夫は心配する。ようやく我に返ったローラは、夫と固く抱き合うのだった。。。 音楽は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番が使われています。

 ストーリー自体は単なるW不倫なのですが、巧妙な作品構成によって、そんなありきたりのストーリーが輝きが出てくるところは、さすがデヴィッド・リーン監督です。そして、作品の大半が、ローラの回想という形を取っている点も秀逸です。

 ちなみに、原題は“Brief Encounter”ですが、原題の方が作品にマッチしているように思います。