読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画、書評、ジャズなど

「人生万歳」★★★★☆

人生万歳!                          [DVD]

人生万歳!                          [DVD]

 ウディ・アレン監督のユーモア・センスが炸裂している2009年の作品です。次々と沸き起こる破天荒な展開に抱腹絶倒といった感じです。原題は“Whatever Works”です。

 ボリス(ラリー・デヴィッド)は、かつてコロンビア大学の物理学者だった初老の男で、いつもくどい自説をまくし立てている頑迷な性格の持ち主で、かつて飛び降り自殺を試みたが、偶然助かってしまったという過去を持つ。

 ある日、南部から家出してきた若い女性メロディ(パトリシア・クラークソン)が家に転がり込んできた。ボリスはいやいやメロディを居候させるが、そのうち、ボリスはメロディからの求婚を受け入れ、2人は結婚する。

 そこに、メロディの母親マリエッタが転がり込んでくる。夫のジョンが自分の友人と駆け落ちしてしまったとのこと。マリエッタはコラージュ・アートに目覚め、ボリスの2人の友人の男たちと意気投合し、やがて3人で同居し始める。

 そこに夫のジョンも転がり込んでくる。ジョンは妻と寄りを戻そうとするが、あるバーで知り合った男に、実はゲイであることを隠して結婚していたことを告白。2人はゲイ・カップルとなる。

 メロディも母親が勧める若い俳優の卵と恋に落ちる。

 失意のボリスは再度飛び降り自殺を試みたが、またしても見知らぬ女性の上に落ち、助かってしまう。しかも、怪我をした女性と恋に落ちる。

 こうして成立した多くのカップルたちが、年越しにボリスの家に集まって、幸せな時間を過ごしているだった。。。

 ボリスが画面に向かって観客に話しかけてくる手法は、いかにもウディ・アレン監督らしい演出です。手を洗うときに時間を測るために♪Happy Birthdayを2回歌うという几帳面なボリスのキャラクター設定も、ウディ・アレン監督らしいセンスが現れています。ボリスのうんちく話にも、ウディ・アレン監督らしい知性がちりばめられています。

 それぞれの登場人物たちが、それぞれに人生の悩みを抱えながらも、前向きに新しい道を見出していくストーリーはとても痛快で、観る人を幸せな気分にさせてくれます。そういう意味で、『人生万歳』という邦題は作品の雰囲気を良く表しているように思います。

 ある意味で、ウディ・アレン監督の真骨頂ともいうべき作品でした。