読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画、書評、ジャズなど

プレビン 音楽への愛

 12月8日の読売新聞の夕刊にアンドレ・プレビンの記事が掲載されていました。御年80歳でNHK交響楽団首席客演指揮者に就任したのだそうです。

 プレビンはベルリンに生まれ、9歳のときにナチスの迫害を逃れてアメリカに移住したとのこと。若かりし頃はジャズ・ピアニストとしてならし、大ヒットとなったシェリー・マンの『マイ・フェア・レディ』で頭角を現します(このアルバムは村上春樹氏が一時期はまっていたそうです。)。

マイ・フェア・レディ

マイ・フェア・レディ

 その後クラシックの世界へと比重を移していきますが、数々の映画音楽を手がけるなど、マルチな才能を発揮していきます。そして最近は再びジャズの世界に戻ってきており、いくつかのアルバムを出しています。

 一押しは『アローン』です。

Alone: Ballads for Solo Piano

Alone: Ballads for Solo Piano

 聴く回数を重ねるたびに、静かな演奏の中に底知れぬ深みが感じられてくるようなアルバムです。特に♪Bewitched, Bothered and Bewildered の静かな演奏が大人の色気たっぷりで秀逸です。『マイ・フェア・レディ』の頃のやんちゃな演奏と比較して聴いてみると違いが際立っていて面白いです。

 クラシックとジャズという全然違う音楽をなぜ同時に愛せるのか?という質問に対するプレビンの答えがいかにも洒落ています。

あなたは二人の女性を同時に愛した経験はないのですか?

 80歳になってこんな台詞をはいてみたいものです。