読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画、書評、ジャズなど

「シェルブールの雨傘」★★★★

映画

シェルブールの雨傘 デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]

シェルブールの雨傘 デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]

 昨日に引き続き、ミシェル・ルグランの楽曲シリーズです。有名な主題歌曲や、♪Watch what happensなど、やはりルグランの楽曲が冴え渡っている作品です。

 シェルブールの街で、雨傘屋の娘ジュヌビエーブ(カトリーヌ・ドヌーヴ)と車修理工のギイ(ニーノ・カステルヌオーボ)は恋に落ちていたが、やがて、ギイはアルジェリア戦争に徴兵されてしまう。他方、ジュヌビエーブの母親が営む雨傘屋は借金の返済に苦しんでいたのであるが、そんなとき、裕福な宝石商のカサールがジュヌビエーブに一目惚れする。

 ジュヌビエーブはギイの子どもを身ごもっていたが、カサールが子どもを引き取って一緒に育てることになり、ジュヌビエーブとカサールは結婚する。

 アルジェリアから帰国したギイは、ジュヌビエーブが既に結婚してしまったことを知り、自暴自棄に陥るが、やがて、伯母の娘のマドレーヌと結婚し、ガソリンスタンドを手にして順調な生活に踏み出した。

 そんなとき、ガソリンスタンドにふと立ち寄ったのが、子どもを連れたジュヌビエーブだった。2人はわずかな言葉を交わしただけでそのまま別れ、また普段の幸せな生活へと戻っていったのだった・・・。


 結婚した後にかつての恋人にふと出会うというシチュエーションは、我々の身にも起こりそうな話です。そこで過去の恋が甦るというのではなく、互いに言いたいことがあってもそれを押し殺してそのままスーッと別れていく、というのが何とも自然というか、説得力があって良かったです。

 それにしても、ミシェル・ルグランの楽曲の素晴らしさが秀逸です。台詞が全部楽曲に乗っかっているところが非常に凝っていて、独特の雰囲気を醸し出しています。ルグランの曲はいまだに世界中のジャズ・ミュージシャンたちが憧れ、演奏を続けています。その原型がこの映画にあるわけです。

 ギイが徴兵されると知って別れを惜しむジュヌビエーブが歌う主題曲はとても素晴らしいです。

 カトリーヌ・ドヌーヴも大変美しく、ロシュフォールの恋人たちよりも初々しさが出ていて良かったです。

 ルグランは未だに巨匠として様々な作品創作活動に携わっています。ルグランとのコンビネーションの最近のアルバムでおすすめのものを以下2つ紹介しておきます。

ニコラ・フォルメル・ミーツ・ミシェル・ルグラン

ニコラ・フォルメル・ミーツ・ミシェル・ルグラン

ウォッチ・ホワット・ハプンズ~チャリート ミーツ ミシェル・ルグラン~

ウォッチ・ホワット・ハプンズ~チャリート ミーツ ミシェル・ルグラン~

  • アーティスト: Charito(vo),Michel Legrand(p,vo),Remi Vignolo(b),Benjamin Henocq(ds),Alain Mayeras(p),Alain Brunet(tp),Rochefort Strings
  • 出版社/メーカー: SPACE SHOWER MUSIC
  • 発売日: 2008/08/20
  • メディア: CD
  • クリック: 28回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る