読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画、書評、ジャズなど

「カビリアの夜」★★★★

映画

カビリアの夜 完全版 [DVD]

カビリアの夜 完全版 [DVD]

 フェデリコ・フェリーニ監督の1957年の作品です。

 娼婦のカビリア(ジュリエッタ・マシーナ)は、常日頃から、いつか娼婦の生活から抜け出したいと思っていた。しかし、カビリアは、男に川に突き落とされてバッグを奪われても、突き落とされたことに気づかないほど、不器用な女であった。
 ひょんなことから映画俳優と知り合いになり、一緒にナイトクラブに行った後、俳優の自宅に行くことになるが、運悪く俳優の恋人がやってきて、結局、それっきりになってしまう。
 ある日、カリビアは小さな劇場に立ち寄った際、催眠術にかけられ、観衆の前で意に反した告白をさせられてしまう。それを見ていたオスカー・ドノフォリは、カリビアに近づき、結婚を申し込む。カリビアはついに自分に幸福がやってきたと大喜びする。2人は幸福の絶頂で旅行に出かけたが、旅行先でオスカーはカリビアを海岸の崖っぷちに連れて行く。そこで初めてカリビアは、オスカーが自分を騙していたことに気づき、泣き叫んで自分を殺すように懇願する。オスカーは結局カリビアを殺さなかったが、カリビアの所持金を奪って立ち去っていく。
 絶望の真っ只中でさまよい歩くカリビアであったが、楽しそうに演奏している子供たちの一団に出くわす。カリビアの表情にようやく笑顔が戻った・・・。

 女の究極の悲哀を描いた作品で、カリビアはこれでもかとばかりに絶頂からどん底へ突き落とされ続けます。それだけでこの映画が終わっていたら後味の悪さが残ってしまうところですが、ラストシーンでカリビアの表情に笑顔が戻るところで、救われた気分になります。この笑顔が戻る場面があるからこそ、希望が開ける映画となったわけで、この場面は限りなく重要です。

 ちなみに、この映画を見ていて、今村昌平監督の『にっぽん昆虫記』を思い出しました。『にっぽん昆虫記』も悲哀の中でたくましく生きる女を描いている点では共通していますが、やはり最大の違いはラストの締め方でしょう。『カリビアの夜』のエンディングの作り方に、フェリーニ監督のずば抜けたセンスの良さを感じてしまいます。