読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画、書評、ジャズなど

Miles Davis「1958マイルス+2」

 このアルバムを取り上げたのは、1曲目の「On Green Dolphin Street」という曲の存在に尽きます。あまりに美し過ぎる曲で、私の最も気に入っているジャズの演奏です。

 冒頭、ビル・エバンスのピアノの美しい旋律が流れてきた後、マイルスのトランペットが入ってきます。このマイルスの演奏の醸し出す、美しさの中にも儚さが入り込んでいる雰囲気がたまりません。マイルスのトランペットが消え入るような音を出すとき、どこかスーッと異空間に吸い込まれていくような感覚になります。

 この曲があることだけでこのアルバムは「買い」です。

 この頃のマイルスは奇跡がかっているような気がします。そもそもマイルス・デイヴィスビル・エバンスが一緒のバンドにいること自体が奇跡的です。ビルはモード技法ができるということでマイルスから目を付けられてバンドに加入しますが、白人のビルは、黒人のマイルスのバンドにいるということで黒人たちからひどい仕打ちを受け、傷つきやすいビルが嫌な気分にさせられていたと、マイルスは述懐しています。こうしたことが、ビルがマイルスのバンドを早々に辞める要因となったのでしょう。

 だからこそ、マイルスとビルがバンドを共にした短い間に作られたこのアルバムは奇跡的なアルバムといえます。この2人の奇跡的な出会いに感謝です。