読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
映画、書評、ジャズなど

「眠狂四郎 殺法帖」★★★

映画

眠狂四郎殺法帖 [DVD]

眠狂四郎殺法帖 [DVD]

 市川雷蔵主演の眠狂四郎シリーズ第1弾です。『大殺陣 雄呂血』を見て市川雷蔵主演の映画をもっと見たくなったので、この作品を見ることにしました。

 加賀前田藩主は、豪商の銭屋五兵ヱに密貿易を許し多大な利益を手にしていたが、公儀への発覚をおそれて、銭屋の一味を抹殺しようとしたため、前田家と銭屋の対立が勃発していた。

 銭屋の下には、陳孫という強力な少林寺拳法の使い手がいたため、剣の使い手としてならしていた無頼者眠狂四郎市川雷蔵)を味方に取り込もうと、前田家は、奥女中の千佐(中村玉緒)を狂四郎の下に送り込み、千佐は狂四郎に対し、自分は陳孫に命を狙われていると嘘を告げて近づく。

 しかし狂四郎は、加賀前田家と銭屋との関係を見抜き、千佐にその事実を突きつけ、誘惑してくる千佐を突き放す。

 ところが、千佐が陳孫に拉致されてしまう。狂四郎は参勤交代を終えて国へ戻った前田家を追って金沢へ向かう。そして、前田家の密貿易に絡む秘文書が隠されている碧玉の仏像を手にする。

 狂四郎は千佐が実は前田藩主の実子であるという出生の秘密を千佐に告げる。千佐は今は尼僧となっている実母の下に向かうが、実母は殺害されていた。

 そして、狂四郎は円月殺法で陳孫の少林寺拳法と対決する・・・。

 主演の市川雷蔵がかっこいいのはもちろんのこと、初々しい中村玉緒の姿がとても印象的です。この作品を見ると、中村玉緒が今でも市川雷蔵を慕っているというのが何となく伝わってきます。

 短時間で多くの内容が詰め込まれている感じなので、ストーリーがやや端折っている感はあるのですが、市川雷蔵の存在感・重厚感は圧巻です。